いのすみ

お茶の間のいのおふぁん。隅っこが割りと好き

生きる道がちがう

1/21メレンゲ  KAT-TUN上田竜也くん。

中丸くんの回の話で上田くんと亀梨くんが殴り合いの喧嘩をしたと。

上「僕、一応全員と喧嘩してるんですよ」

ま「あのね。いのおが震えてます」


f:id:AinooAoika:20170122005034j:image

慧『もう、僕、上田くんとは眼あわせられないと思います』

再びふたりの関係

上「伊野尾に関してはちょっとゆるい感じ、、するじゃないですか?ふわふわとしてる。先程も言ったけど、、生きる道がちがう」
f:id:AinooAoika:20170122105453j:image

あさこ姐にウィスパーで**みちがちがう。うん。**って言ってみる伊野尾くん。

いきるみちがちがうってフレーズのチョイスが本気だもんね。

上「まぁ、今後関わることがないだろうなぁーと思ってたら、今日一緒に共演ってことで、どんな子なんだろうーな。ちょっと知れるの楽しみにしてたんですけど」

一生関わらないと思われていた伊野尾くん神妙な面持ちです。

『僕が真逆な上田くんをリサーチしてきました』

上田竜也はジャニーズいち○○だ―

フリップ。ジャーン!

上田竜也はジャニーズいち第一印象が悪い

それから始まるのー?

ま「お前ほんと喧嘩売ってるよ」

慧『ほんと隣の席がいやですね』

上田くんは自覚あり。

KAT-TUNのイメージがBLACK&WILDって時代があったんですよ。サングラスかけたりすることで誉められたんですよ、事務所から。

舌打ちとかするとオー、YOUいいよ  とか。これでいいんだ」

ま「たしかに初対面感じ悪いよね」

上「それでメンバーがひとり、ふたり抜けてから、これ、ちょっと見つめ直した方がいいんじゃないかって。とりあえずサングラス置こうって。サングラス置いたんですよ。で、こっから初対面の人には『おはようございます』って、姿勢とかも」

 

グループ各々ネタ持ってますね。

確かに最初の頃は衣装とかも私服で、ダンスするのに靴がブーツとかって。。

 ♪REAL FACE ♪カッケーってなったよ。ある意味ジャニーズっぽくなかった。その頃は正統派アイドルから逸脱してた事に意味があったんだろうね。

 

慧『情報によりますと街を歩いていると警察の方に職務質問されると…』

銀行に税金払いに行った帰りに、反対側に警察官が二、三人いて、これ絶対来るなと思ったら、ばーっと来てパトカーもバァーと停まって荷物も財布も免許証もみられた。

かなりのアウトローじゃん。職質されるアイドルって。ジャニーズも幅広いねー。

次は

上田竜也はジャニーズいちストイック

ま「かなり体も鍛えてる?」

上「それも仕事ですから。自分にそれを求められてるからそれに答えたい。陸上の仕事があるのでトレーニングしてます」

毎日ランニング、アップで5キロのあと坂道を走り込む。

やはりかなりストイックなのね。

 

10年以上前から趣味でボクシングもやっていて、折角なので、ボクササイズのスパーリングをご披露。15秒間連打。

バラエティーとか関係ないの。眼が真剣。

キックボクシングやってる三吉ちゃんもチャレンジ。頑張りすぎて真っ赤になりました。

ま「うちも…男がいるんですよ~」

IKKOさんが笑ってるけど、伊野尾くんも映るから、えっ?うちの伊野尾ですか?って思ったら。

いのちゃんよりは男らしいIKKOさんの番でした。

ジャニーズで仲がいいのは櫻井翔くん。

ジャニーズ以外では本郷奏多さん、遠藤要さん、千鳥の大吾さん、スピードワゴンの小沢さん。

本郷くんは二宮くんとも仲良しだったな。

小沢さんのVTR

(恋愛話とかしますか?)

男だからあの子は。いちいち、自分が仮になんかあったとしても、多分人に相談するような子じゃない。ギリギリで生きてる。

これがやつのReal Face。

ま「ギリギリで生きてるってあれ?正解?」

上「正解です」

メレンゲとかのお仕事のお陰で同じジャニーズにいても関わらないと思われていた人にも逢えてお話したり出来るって凄い。

 

summary2010を見てて何故7とBESTは戦ってるの?って思っていたんですが、

そもそも、summaryって始まりはNEWSとKAT-TUNで、対決シーンがあったんですね。

ジャニーズの歴史のテストがあったら追試だわ。