読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのすみ

いのおくんのすみっこを拾ってみる

キャラ設定ぶれちゃってるじゃないですか

2/4らじらー 

年末にダイビングの資格を取ったリスナーさんからのお便り、光くんも今年こそ資格取りましょう。

ひ「うん、いいいなー、おれも取りてーなー、ライセンス」

い『どぅ、初めて取りたいって言ったのってか、昔一緒に行ったんですよね。ダイビングに』ひ「行った、行った」

い『体験ダイビングに行った、あの当時、僕達はたち?いや、18位か』

ひ「18くらい」

い『たしか18,19くらいで』

ひ「体験が楽しすぎて次の日も体験行くっていう、ダイビングするっていう」

い『ふつか続けて体験ダイビングするっていう』

ひ「したね、愉しかったね」

い『はい、是非取ってみて、挑戦して下さい』ひ「そうですね」

次のお便り、らじらーで海に面していない都道府県のクイズをやった次の日の模試に関連のある問題が出て答える事が出来た。

い『あっ、どういうテイストの問題だったんだろう?問題自体は?』

ひ「えーと、海がない地方はみたいな?」

い『あ、そういう問題?』

ひ「海のない県はみたいな」

い『出方だったのかな、模試自体も』

ひ「模試自体は関東の統計をみて埼玉県はどれかを答える」

い『んー、ちょっと問題がどういう問題だか判らないですけどね。ちょっと、そういうのに役立てたということは凄い嬉しい事ですよね。そうだよね。これ、受験のタイミングだからさ、そういうのやってった方がいいかもしれないよ。なんか高校受験に出る、あの、出そうなクイズをふたりがやってくみたいな、で、私達も多分絶対解んないから、こう、一緒にこう、聞きながら、勉強になるみたいな』

ひ「そうだね、ま、こんがらがん、こんがらがんないように」

い『今年、今年もね、まだ私立受験残ってますからね』ひ「そうだね」

い『来年とかも、是非、ちょっとやってみたいですね』

ひ「がんばろー」

お便り、クイズでやっていた伊野尾くんがやってみたい丸刈り、CMで丸刈りになっていて、ひとつ夢が叶いましたね

ひ『や、あれ凄かったよね。特殊メイクで丸坊主にしたんだよね』

い『んー、メイクの時間がひとり1時間くらい掛かってましたからね』

ひ「ちょっとかかったよね」

い『なかなか衝撃的でしたね』

ひ「皆写メ撮ってたよね、自分の事」

い『なかなか、こう、似合うメンバー、似合わないメンバー』ひ「似合わないメンバーも」い『ありましたけど。どうでしたか?』

ひ「なんかね、俺の印象、知念が坊主にするとあばれる君に似てるっていうのが凄い衝撃的で面白かった」

い『確かに、なんかあばれる君のネタ真似してやってましたもんね、知念も』

ひ「ちょうどTwitterいのちゃんの坊主が出てきた」

い『や、出てますね、丸刈り

ひ「みんな、なかなか、なんか似合ってたよね」

い『似合ってたのは似合ってたと思いますけどね。光の表情も絶妙でしたね。なんか、ほんとに、。。。』

ひ「全筋肉を落とすっていう技を使いました」い『うん、なかなか』

ひ「はい、メッセージ…」

い『素敵な、おもしろい、面白い……かったですね、ごめんなさい、邪魔しちゃって…』

ひ「昭和JUMPって言うのもなかなかね」

い『素敵でした』ひ「メッセージは番組ホームページから送ってください」

い『さぁ今、Twitterどうでしょうか。ひか今日イケボって書いてありますよ』

ひ「イケボ?鼻詰まってるだけなんだけどね」

い『ちょっと、あったか、あたたかくなってきて花粉』ひ「そ、飛んでんのよ」

い『ね、飛んでるみたいですからね、皆さん、どうですか』

ひ「薬飲むのも嫌だからさ。眠くなっちゃうからさ」

い『あ、ほんとだ。鼻声じゃない?大丈夫ですかって書いてますよ、光くん』

ひ「ありがとうございます。あっ、らじらーでやってくれたら、絶対勉強覚えるわとか」

い『そう?やったらいいかもしれないですね』ひ「いいね、勉強企画」

い『地理とかね、なんかちょっと聞きながら覚えられる、私達も勉強になる、まっ、下手したら私達の馬鹿がばれるという、そういう企画になってしまうかもしれませんけどね』

ひ「そっちの方が確率大だね」

☆キャラ設定しちゃってるあの子☆

キャラ設定がぶれちゃった瞬間の目撃情報!

※恋愛経験が豊富だとクラスの中で浸透して恋愛マスターと呼ばれる男友達が、クラスの女子に恋愛相談されてどう答えたらいいか聞いてきたり、スマホの掲示板で質問する手伝いを頼まれ面倒くさい。

い『なんで恋愛経験豊富なキャラクターをやりたいんだろうね。この男の子は』ひ「ね」

い『なんかやっぱり女子に頼りにされたいというか、恋愛の相談のりたい、大人ぶりたいみたいな所なのかね、でも、リスナーさんに相談してる姿とかはちょっと可愛らしい部分。こういうことね。キャラ設定がぶれてるっていうの』

ひ「たまにね。ちょっとぶれるの。可愛いね。ぶれてるって」

※凄い金持ちアピールのクラスの子。海外行きまくって別荘も持ってる。でもスマホで海外の人気スポットの画像拾いまくっていた。

ひ「これ恥ずかしいね」

い『恥ずかしいなー』

ひ「行ってねーんだ、アメリカやハワイのね、画像検索の奴を、行ったって感じで、多分、貼っちゃってるんだよね、SNSに」

い『これはちょっとなぁー』

ひ「これは恥ずかしいね」

い『これは恥ずかしいというか、ちょっと将来が心配です』

ひ「どうキャラを、うそだよって言うのを何時のタイミングで言うんだろうね、この子は」

い『うーん、でもなんか面白いけどね』

ひ「そうだね」

い『どこ行ってきたいんだろ。その内ちょっと、えっ、俺火星ちょっとさー、週末行って来てさーみたいな、火星の写真とかあげてるぐらいになって欲しいけどね』

ひ「火星の引き絵」

い『そうなってたら冗談で面白いけどね』

ひ「ね」

※クラスの男子の半数が眼鏡女子が好きと知った一人の女子が最近眼鏡を掛けてきて、目が悪くなったといっていたが、視力検査の時、視力検査結果の紙が見えたら、その子の視力は2.0だった。

い『確かに、でもこれは、まぁー、可愛いなー。でも、これは』ひ「カワイイ」

い『男子がね、眼鏡好きだからっていうんでね。女子の眼鏡率が上がっちゃうっていうの、素敵なクラスだな』

ひ「で、なんかちょっとあざとく赤い縁のメガネとか掛けてきたら面白いな、尚更」

い『光もね。コンサート中、視力下がっちゃいますからね』

ひ「視力下がっちゃいますからね」

い『あれもね、メガネ掛けて、メガネ掛けてますもんね』

ひ「あー、やめて、おー、やめろ、おー、やめろ」

い『あれは理由はなんですか?』

ひ「おー、やめろ、おー、やめろ」

い『あれは理由は』

ひ「やめろ、やめろ、聞くな」

い『あれは理由はなんなんですか?一応聞いておきます』

ひ「うん、ちょっと格好つけてんだ」

い&ひ「MMM」

い『視力、視力じゃないの?』

ひ「視力じゃない、あれ、レンズ入ってません」

い『こないだ、でも、なんか取材ん時にさ、言ってたじゃん、あの、なんで眼鏡掛けてるみたいな話題になった時にさ、手元が良く見えないって、あれは嘘だったんですか?』

ひ「あれは嘘です」

い『あれ?あっ、キャラ設定ぶれちゃってるじゃないですか、これ』

ひ「ぶれちゃってます、はい」

い『手もとが見えないんじゃなかった。かっこつけ』ひ「えっ」

い『おしゃれ、あれ。ま、似合ってますからね』

ひ「ありがとうございます」

い『素敵です』

ひ「汗かいちゃった」

※男子の友達が多い大人っぽい子がクラスにいて、反抗期だから親と話さない、手繋ぎとかないっしょと言っていたのに、母親と手繋ぎして歩いていた。

ひ「これは恥ずかしいね」

い『まっ、これ、キャラ設定っていうより、ちょっと恥ずかしいから内緒にしてるっていうところもあるんじゃないですか』

ひ「まっ、リスナーさんが12歳未満だから小学生の子達の話だね」

い『まだ、小学6年、中学1年生位ですかね』

※ハワイから来た外国人の英語の先生が日本語話せないと言っていたのに、職員室で流暢な日本語話せないを話していた

い『いんじゃない』ひ「いんじゃない」

い『日本語話せないって言った方がね。子供達も英語でコミュニケーションとってくれると思って』ひ「ねぇ」

い『やってるからかも知れないですね。これは、でも、見てはいけないものを見てしまった気持ちってのはちょっとわかりますけどね』ひ「そうだね」

い『どうですか?Twitter見てますけど、何かありました?面白いの』

ひ「えー、光くんの眼鏡、度入って無かったんだーって」

い『アハハ』

ひ「や、度入って眼鏡もあるよ。俺、ちゃんと眼悪いから、今度から度入り着けようかな」

い『キャラ設定ぶれぶれじゃないですか、なんか』

ひ「や、コンタクトつけるっからね、レンズ外してんのよ、あれ」

い『あー、成る程』

ひ「うん、で、まっ、なんか眼鏡って落ち着くんだよね、オレ。眼鏡一杯持ってんの、実は」

い『あー、でも良いですからね。ちょっとコンサート中も雰囲気が変わるというか』

ひ「はい、キャップ被ったりね」

※人が作ったお菓子は無理、ご飯を食べる時はウェットティッシュで机を拭いてからご飯を食べる自称潔癖症の子がトイレから出るとき手を洗わずに出ていく所を見てしまった。

い『成る程ね、綺麗好き。でも、なんかいいね。なんかそういうの、なんか出してこっかなー』ひ「なに?」

い『なんか、や、ちょっと、ほんとぼく潔癖症でみたいな。ちょっと手袋しないと無理なんで』ひ「あはは」

い『ずっと白い手袋つけてんの』

ひ「白い手袋」

い『白い手袋して、いや、ほんとすいません。ちょっと、ちよっと無理って』

ひ「アニメ、アニメだけだよ」

い『白い手袋してるキャラで今年は行くぞ!みたいな』

ひ「俺も潔癖症なんでっつって、ちょっと、こう、指先が開いてる手袋着けよっかな」

い『それね、もう、指先触れちゃってますからね』

※彼氏欲しいってぶりっ子してる子の裏アカウントのトップ画像は彼氏とキスしてる写真。

 い『凄いな、これは』ひ「ちょっとひがみも入ってんのかな」

い『ひがみ入ってますけどね。他の男子の前ではぶりっ子してる、いや、これを知ってるっていうの凄いですね。なんで、なんでなんすかね、このぶりっ子してるのは?何でだと思います?』

ひ「何でだろう。俺は、うーん、彼氏欲しいってた…いっぱい男の子と遊びたいんじゃない」

い『あはは、まぁまぁ、まだまだ17歳ですからね。さぁ、前半戦終わりという事で色んなキャラクター登場してきましたけども、やっぱりなんか学生ならではのね、なんか、話も多かったと思いました』

リクエスト、曲はHey!Say!JUMP   Dash!!

光くんの「俺、ちゃんと眼悪いから」って必死感が面白かったですね。

伊野尾くんの「俺ちょっとさー、週末火星行って来てさー」って妙に似合ってましたよ。