読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのすみ

いのおくんのすみっこを拾ってみる

よかった プロフィールにかける

3/2めざましTV はじまるよ。

三宅「今日は先週の木曜日と同じく雨の予報となっております。木曜が雨。1年位前にかなりこの話で盛り上がりましたけど」

慧『ちょっと、わたしの』

三宅「あのジンクスがまた、伊野尾くん」

永「伊野尾さんがいると雨」

慧『私が来ると雨みたいな言い方やめてくださいよ』

三宅「いや、完全にそうなってきました。また、久しぶりに」

慧『1年通して木曜日何日位雨降ったんですかね。気になりますよね』

三宅「今度調べてみましょう」

永島「ちょっとイノ調して下さい」
f:id:AinooAoika:20170302222714j:image

いいの、木曜日雨だろうが、何だろうが、伊野尾くんが元気にお早うございますって言ってくるだけで、木曜日にめざましTVにいてくれるだけで。。これ、マジに思ってます。当たり前じゃないんだって。凄いことだって。

 

イノ調は世界的ブームけん玉を調査します。川越市へ。

慧『朝早いのにめちゃくちゃ人いるじゃない』(午前中9時)

慧『すいません。ここは何ですか?』

けん玉専門カフェ。スーラボさん。

2014年けん玉ワールドカップは20ヵ国366人が参加。世界で何万人とプレイヤーがいる。

慧『うそ、そんなに色んな国でやってるの?』

慧『人気の理由ってなんなんですか』

色んなけん玉が出ているのでのコレクションしてる人もいらっしゃる。

慧『けん玉って、だってあれでしょ?玉が赤くて持ってるとこが木のやつじゃないの?』
f:id:AinooAoika:20170302230203j:image

(コート姿とかやっぱりレアで嬉しい。マフラー雑な後ろ縛りがよい。。)

ここで子供達に技を披露してもらう。宇宙遊泳~逆さ落とし。

慧『すげー!拍手もみんなけん玉でするんだね。カチャカチャって音だして』

次はレジェンド、フリップ。

伊野尾くんも早速けん玉お買上でチャレンジ。大空premium 青×銀   (クールな色にしたね)

けん玉初挑戦。大皿あっさり成功。

とめけんもできちゃった。

慧『入ると気持ちいいー!』

ちょっと高度な飛行機

慧『全然出来ないわ。できる気しねーわ、これ』『くっそー、全然ささんねー』

結局30分練習して
f:id:AinooAoika:20170302230412j:image

慧『うれしー。ヤバい、ちょっと泣きそう』


f:id:AinooAoika:20170302230817j:image

 永島さんビックリ
f:id:AinooAoika:20170302230456j:image

三宅さんの喜び方

スガシカオNHKの「プロフェッショナル」のやつ流してね』

ーけん玉とは?ー

やっぱりさしたくなる存在だよね

 

アラサーになって、涙もろくなったの?

それとも乙女なの?

ふふふ、照れ隠しに、プロフェッショナルのやつ流してねとかね。。

悪いけど、一緒に涙ぐんじまったよ。私だけじゃないと思うけど。連れ涙。。

 

日本けん玉とは協会の6級検定を受けることに。自主練します。

5種目10回挑戦出来て大皿、小皿、中皿、ろうそくは3回成功すれば、とめけんは1回成功すれば、晴れて合格。

沢山の目に見つめられて、アイドルなのにド緊張の伊野尾くん。(あー、もう)

イチニッサーンってリズムとって自分にエール。。

イチニッサーンってチイサクイウトカ。。(あー、もう)

膝曲げてねって言われたんだね。

失敗しても失敗しても膝曲げて、イチニッサーンって(あー、もう。かわいい)

大皿は7回目にしてようやく達成。これで楽になったのか、小皿、中皿、ろうそくはほとんどノーミスよ。
f:id:AinooAoika:20170302231858j:image

(何度でもゆーよ。立ち姿。腕。そして手。

あー、みなまでゆうなー!って。)

ラストのとめけんは1回出来ればOK

またまた緊張なのか、集中力が途切れたのか、ミスが続く。

(まぁー、簡単に出来ちゃったら、それはそれで……。ハラハラしたい……。メンドクサイ奴)

とめけん6回目で成功‼

慧『良かったぁー。プロフィールに書ける。』『エイドリアーン‼』

 

慧『さぁ、みなさん見てください』(ほんとに嬉しかったんだね。声が!声が!跳ねてるよー)『6級取れました!』

三宅「6級ってどれだけ凄いかよくわからない」(いやー、三宅さん伊野尾くんには安定優しいな)

慧『そうなんですよね。全体を見るとまだまだ下の方で、まだまだ上が有りますからね。是非、次のイノ調で10段目指して頑張ります』

永「ほんと何時もと違いました。なんかスゴイ真面目で」

三「みんな優しかった」

慧『そうなんです。ずっと練習してる間も応援してくれて。ホントに愉しかったです』

いや、良かった、良かった。水曜日の予告見たら、いのちゃん泣いてるから、もうどうしたあ!って気が気じゃなかった。

嬉し涙でした。伊野尾くんの言うとおり、みんなの声援があって感極まったのねー。

 

そうか!10段目指すか!

よし、伊野尾くん、二宮くんに教えてもらおう。二宮くんけん玉上手だよ。

妄想が膨らむ。

伊野尾くんの手には大空premium 青×銀 3456円  税込『あっ、二宮くん、オレ、けん玉ハマっちゃって、上手くなりたいんで。なんかちょっとカッコ良く見える技、ちょっとひとつ位教えてくださいよ』

二宮くん「え!お前、けん玉やんの。ふーん、いいよ。でもさ、ちょ、見せてみ。どんだけ出来んのよ」

伊野尾くん「え!今?ですか?」

二宮くん「いやいや、こう見えて、俺もそこそこ忙しいのよ。結構、埋まってんのよ。スケジュール。(目をこする)ふふふ」

伊野尾くん「あぅ、やります、やります」

二宮くん「おっ、いいね、上手いじゃん。上手い。伊野尾上手いよ。(とにかくほめる)いやー、こんなに出来ちゃったら、わたしの教えること、ないな、ナイナイ、ねっ、ないよ。こんだけ出来るんだから」去ろうとするニノ。

伊野尾くん「えー、そんな事言わないで教えてくださいよ。ねぇー、二宮く~ん」

二宮くん「ハイ?ハイ、、、そのうちね。来年にでもね。うん。。うちくる?あっ、忙しいよね。来ないか?けん玉持ってうちくる?」

伊野尾くん「や、それはちょっと。。」

ニノイノ笑劇場でした。

カメラ回っていたらきっとこんな感じ。。

『ニノさん』みたいに一筋縄でいかない感じの会話が聞いてみたい。

 

木曜日の幸せな気持ち。まだ続いてる。

幸せに眠れそう。