読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのすみ

いのおくんのすみっこを拾ってみる

Beat Line がカッコイイ SUMMARY 2011

SUMMARY  2011  in  DOME   Hey!Say!JUMP

のDVDが家にやって来て。
f:id:AinooAoika:20170312192714j:image

 今頃なんですが。。感想を。。

2010年SUMMARY との違いに驚いています。

 いろんな事があった1年だったからね。

 

♪SUMMARY♪は盛り上げ曲なんだけどサビの所が切なくて癖になる。

フライングも決まって、情熱JUMP。

なんて昭和songなんだろう。

ここら辺でもう引き込まれ完了です。

 

2010年のSUMMARYに感じたギリギリ感。

ちょっと観てると胸が詰まる。先輩から引き継いだSUMMARYを成功させなくては、みたいなね。その感じが払拭されていました。

 

知念くんは10000字インタビューでこんな風にいっていました。

「2回目のSUMMARYの時も、みんな泣きましたからね。空中ブランコに、はじめて挑戦したり、涼介は綱渡りをやったりして。今までで1番ハードなんじゃないかって内容だったんですよね。でも、リハーサルではあんまりうまくいかなくて。ちゃんと全部成功したことがないくらいで。こんな状態でお客さんに見せるのは失礼だって皆必死で」

(Hey!Say!JUMPの最初のSUMMARYは2008年)

2011年のSUMMARYはしっかりと引き継げたという自信なのかなぁー。

 

白いコートっぽい衣装でフロートから降りて、センステで♪OVER♪なんだけど、

いやいや、動揺した。。

衣装が赤で袖無しなんですよ。

 

今まで何とも思ってなかったのにちーちゃんには。。照れる。。

 

瞳のスクリーンを山ちゃんが歌い上げる。

この人は歌うことが好きなんだなぁと感じる。後ろ姿の諸肌脱ぎというサービス付。

 

雄也が渋い「MIDNIGHT  TRAIN」

もうずっとソロでもいい。。雄也にピッタリです。男闘呼組はバンドだし、圭人繋がりでやはり取り上げることが多い?

眠りの森でのピンクの衣装が似合う知念くん。

ここで高木VSちーちゃん、高木VS大貴、高木VS山田の寸劇。

 

鏡の国で踊るのはやぶひか。

知った頃よりちょっと違うやぶひかを見る私の目。硝子の少年  KinKi Kidsの名曲。

いや、硝子の少年のユニゾンのぴったり感。兄弟みたいにぴったり。

からの、愛しのプレイガール。間奏でJr.マンションがバーっとライトアップされて。

見惚れるわ、この二人。

だってキラキラなんだもん。

薮くんが光くんとふたりだと少し幼い顔に見える。思い込みかな?

 

息つく間もなく、圭人のギター、裕翔のマーチングドラム、そこから二手に分かれてのムービングステージでのメンバー全員のドラミング。やがてセンターに一人いる裕翔の元へ。Beat Lineのイントロで会場がどよめく。白黒のスッキリした衣装。

荒々しさと若さが溢れ出す。

なんと言っても、ムービング。

見下ろす感じのオス感。オラオラ感が心地いい。あのちーちゃんもオスです。

間奏後、照明が少し暗くなり、レーザービーム。衣装の白がダンスでシャープに浮かび上がる。

このBeat Line。。光くんが格好いい。。

 このSUMMARYの Beat Line  ときめきます。リピが止まらない。

 

SUMMARYらしく2010年と同じくワンちゃんが活躍。

伊野尾くんが控えてる間、多分大きな音や、人の多さに怯えているだろうワンちゃんをずっと抱きかかえるようにして撫でていて、らしいなぁと。

 

そして綱渡り、2010年でも驚かされたのに、更に進化する綱渡り。武蔵坊弁慶こと有岡大貴と牛若丸こと山田涼介

綱1本の上でまさしく真剣勝負。

驚かされるね。

綱渡りにドラマまで織り込むなんて。

知念くんの空中ブランコからのフライングもね。上がっていく時の音楽が大昔のゴシックホラー映画の様で不安感を増すわけよ。

そして無音になって飛び降りる。

 

挨拶で薮くんが「昨日でHey!Say!JUMPは4歳を迎えました」と言っている。

ねぇ、6年も前です。

 

裕翔はとにかく元気で跳ね回ってファンサでアリーナとスタンド席の間の仕切りに飛び乗る始末。警備のおじさんが慌ててる。

若さと成長をもて余してる感じ。

まだあどけなさが残る顔と手足の長さが釣り合ってない。笑。

やぶひかが寄るだけであがる歓声。

雄也のはしゃぎっぷり。

知念くんがTENの時、あんなにぷりぷりぷりてぃーだったのに、めちゃめちゃ男っぽい。

 

やはりソロパートのあるメンバー、露出度の高いメンバーが多く映ってるけれど、見応えのある1枚です。

 

あっ、伊野尾くん、いた!って見つけては喜んでます。

真夜中のシャドーボーイで仁王立ちのいのひか向かい合って見つめあってたり。

バンド曲のFLY   薮くんソロの後ろの方で大ちゃんがピアノを弾いてるいのちゃんを抱いて、ふたりで曲に合わせて、♪ウン ウン♪やってたり。

結果、寝不足必死です。

 

それにしてもDEAR魂のお知らせはまだでしょうかね。

もうね、アリーナ、東京ドーム、そしてこれも外せないSOLO  ANGLE、3枚仕立てでどうでしょう。お待ち申し上げます。