読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いのすみ

いのおくんのすみっこを拾ってみる

JUMPing CARのジャンプ

JUMPing CARnivalのDVDは私にとってはちょっと特別です。
奇跡のようにやって来てくれた。

伊野尾くんが好きでも、まだCDも持ってないし、テレビ以外は知らなかったHey!Say!JUMP。

だからJumping CARnivalがはじめての媒体。

去年の2月12日に届いたDVD。。

ワクワクしながら始まった。
ウィークエンダーとカモナはさすがに知っていだけれど、Ride With Meでクールなダンスに驚いて、次にいよいよアルバムのリード曲。「JUMPing CAR」

Ride With Meとはうって変わってポップな曲。

センステをいっぱいに使って動き回るメンバー。手には可愛い車のアイテム。。

1曲目からずっとメンステだったメンバーがセンステへの花道へ歌いながら少しずつ進んでくる。
会場がイッキにヒートアップする。


センステの少し前でやまちゃんのソロ

♪夕暮れ空にハートズキズキDon't good-bye,baby真夏のlovely magic♪に続いて
裕翔のソロ♪純情Burning Burningもう止まらないSpeed 突き抜けて♪

♪Dive in love♪
ここでジャンプするんだよね。


f:id:AinooAoika:20170321205102j:plain




それを後ろから足だけを撮ってるんだ。


f:id:AinooAoika:20170321205218j:plain



Hey!Say!JUMPのメンバーがピョンピョンってジャンプするんです。

そこが映るんです。

私はそれまでワクワクして観ていたのに、このカットのところで心が震えだした。

若さ。。憧れ。。。可能性。。希望。。未来。。。葛藤。。夢。。

ここにそんなのがギューって詰まってたんだ。
彼らのほとばしるエネルギーが溢れている。

なんだか心を鷲掴みにされたんだよね。


多分、私が若かったらこんな風には思わなかっただろう。

だから、これを読んでも何言ってるの?って思う人も沢山いらっしゃると思う。

そうね、なんで足映すの?顔撮ってよー!って思うよね。

でも、私はあえてここにこのカットを入れてくれた誰かさんに深く感謝する。

とてもとても大事なシーン。

Hey!Say!JUMPを象徴しているんだと思った。

あのジャンプが。。



これ分かち合える人いるのかなぁー?

足のカットに熱くなってんの、私だけかもね。。うん。
色んな感じ方があっても良いはず。。


そして気になっていた伊野尾くんに完全にやられたのもこの曲。

サビ前の間奏の終わり。。つかの間。


f:id:AinooAoika:20170321205301j:plain




f:id:AinooAoika:20170321210018j:plain




f:id:AinooAoika:20170321205334j:plain



あー、桁外れの。。タガの外れたアイドルがここにいると覚悟したんだ。
このとき。。。



DEAR魂DVDの発売発表で蘇った感情をやはり残しておきたくて。。