いのすみ

お茶の間のいのおふぁん。隅っこが割りと好き

さっき足組むっていったじゃん

3/25メレンゲの気持ち春の2時間SP

ゲストは滝沢カレン、土屋太鳳、亀梨和也

ジャニーズの先輩が。。というより伊野尾くん推しの先輩ですね。

あの亀梨君も31歳!大人の色気があると。。

ま「それに比べていのおはボォ~としてる」

慧『色気全然出てこないんですよね』

ま「出ないね」

慧『亀梨くん、オレ見てにやにやするの止めてください』


f:id:AinooAoika:20170326000925j:image

亀「いや、もう、ずっと伊野尾くんはバックに付いて貰ったりとか、JUMPとかで、一緒にお仕事させて貰ったりして」

あ「あ、接触あるんだ」

亀「JUMP結構身長高い子も居たりすると調子悪いと伊野尾くん見えないんですよ」

慧『下手すると、歌番組で1回も映らないみたいなことだったりして』

亀「だから、その当時から『あれ!伊野尾くんきてる?』みたいな」

慧『気にかけて頂いて』

亀「気になっていたんですけど、急に伊野尾くんがいのお!いのお!ってなってきたんで、安心しました」

 

ま「急にいのおいのおってきてね。亀梨くんが『いのお、楽しそうにやってんなー』って言ったらなんて言ったと思います?『そうでもないです』って」   

 エー!!!!

 
f:id:AinooAoika:20170326000957j:image

 (その手なんですか?)

関西弁でどつくぞ!言われて

『いや、たのしいです』

 

(伊野尾くんって言い方が誤解されやすいけど、楽しくないと言う意味じゃなくて、着実にやってます、浮かれて無いですって位の意味合いだと思うんだけど、ネタにされちゃったね~)

亀梨くんと太鳳ちゃんは映画「PとJK」の告知

太鳳ちゃんの亀梨くんのイメージ
f:id:AinooAoika:20170326001306j:image

慧『映画ではラブシーンもあったんですか?』


f:id:AinooAoika:20170326001222j:image

亀「はい?なんですか?」

慧『映画では。。ラブシーン。。あったんですか?』

 

亀「好きですねー」

慧『もう大好き。ラブシーン大好き。気になって仕方ない』

ま「気になってしょうがない。大好物なんだ、アイツは」

ピュアなラブストーリーなので、そんなには。。

亀「まぁ、見てみて」

慧『見ます、見ます』

ジャニーズで仲がいいのは最近では山P。

ご飯行ったり、カラオケ行ったりする。

ま「何歌うの?」

慧『。。一緒に歌いたい。。』

 


f:id:AinooAoika:20170326001515j:image

亀「普通に酔っ払ったら二人で修二と彰歌ったり。何か自分があまり人を誘うタイプじゃないんで、結構Pがまめに」

ま「Pが?」

亀「Pが、山下くんが結構連絡をくれて、いついつ暇?ご飯行ける?とか、誘ってくれるんで、じゃ行こっかって一緒に」

飲んで恋話は?

亀「恋話は……うーん」(←これ!アリだね!)

 

先輩で付き合いがあるのは長瀬智也さん、木村拓哉さん


f:id:AinooAoika:20170326001551j:image

(付き合うなら長瀬くんがいい伊野尾くんはまじ羨ましそう)

 

ま「(いのお)折角だから何か聞きたい事無いの?」


f:id:AinooAoika:20170326005822j:image

慧『へぇ??』

ま「へぇ?じゃないよ」

亀「お前ラブシーンの話しかきーてねーじゃねーかよ!」

あ「もっと興味持てよ」

亀「いや、羨ましいですよ。テレビ出て『へぇ?』って言うの今までなかったんで。このポジション羨ましいですよね」

 
f:id:AinooAoika:20170326005852j:image

(大ちゃんもラジオでいのちゃんの口癖にヒヤヒヤさせられるって言ってたね。

ふぁ?って口癖を目上の人にも、ジャニーズの先輩にも言っちゃうからヒヤヒヤするって)

 

慧『あります‼あります』(あった!良かった)

『僕も26歳になったんで、大人の色気出していきたいなというのもあって、亀梨くんに』

 

太鳳ちゃんが思う大人の色気。キュンとする仕草は?本を真剣に読んでいる所という事でここでやってみることに。。

ま「あ!本が来た」

 

慧『やらせる気満々じゃん』


f:id:AinooAoika:20170326005934j:image

(アシのお姉さんのさしがねではない。笑)

 

慧『セクシーに。大人の色気。。(袖引っ張る)』


f:id:AinooAoika:20170326010026j:image

亀「まず、萌え袖止めないといけないのかな」(見てたよ!)

慧『もう、袖切り落とす位の勢いで、で。。やっぱり。。こう、足を組む。。(手探り感半端ない)』左足を大袈裟に組んだら。


f:id:AinooAoika:20170326010044j:image

ま「あぶない、あぶない」

亀「危ない、大先輩に当たる」

あ「だいじょうぶ、だいじょうぶ」

慧『ぁ、ごめんなさい』

あ「蹴ったら蹴り返すよ。大丈夫、大丈夫」

(ここのあさこ姐の優しさね。

伊野尾くんの気にしいわかっているから、みんなに危ないって言われて、せっかく、多分?面白い事しようと考えてる伊野尾くんのモチベーション落ちない様に、気にすんな、いけー!って、蹴ったら蹴り返すよって笑いに変えていってくれて。)

本を組んだ足の上で危なげに持つ伊野尾くん。
f:id:AinooAoika:20170326010116j:image

(ああぁ~。ここのね、ここのね、あさこ姐の優しい笑顔がめちゃいいの。伊野尾くん、優しいお姉さん出来てよかったねって思う)

 

あ「指が長いんだよね」

ま「あいつ、本読んだ事ないんじゃない?角度がおかしい」


f:id:AinooAoika:20170326010332j:image

太鳳ちゃんをじっと見る伊野尾くん。

あ「全然集中してないじゃん」

慧『ごめんなさい!わからないです』

 

じゃ、亀梨くんにやっていただきましょう

 
f:id:AinooAoika:20170326010355j:image

慧『えー、足組まねーんだ!さっき、足組むって言ったじゃん。亀梨くん』


f:id:AinooAoika:20170326010405j:image

嬉しそうにガヤに化す伊野尾くん。

いじられても亀梨くんの目はもう伊野尾くんにあまあまです。

ごめんなさい、わからないですってぶちゃい顔してみせるから、お茶の間は伊野尾くんって26歳なのに色気も全然ない、まだまだ可愛い男子だと思い込んじゃうかな?

 

とんでもない色香隠し持ってるんですけどね。