いのすみ

お茶の間のいのおふぁん。隅っこが割りと好き

ゆうてぃは「Tasty U」が好き

裕翔くんが好きなアルバム曲はDEARの「TastyU」

まだベストアルバムのPV集を観られないいちのにです。夏期休暇に絶対観るぞ、あと1日頑張れ!

10周年のタイミングでインタビューなどを読むと、裕翔が昔は真面目過ぎて冗談でも本気に受け取って落ち込んでしまうような感じでちょっといじりずらかったというような話をチラホラ見かけます。まぁ、そんな風に言えちゃうってのも今はそうじゃないよって事でもあるのだろうけれど、じゃあ、真面目じゃ無くなったのかと言うとそれは違うんだろうね。真面目なままだと思う。だからこそカメラやドラムも情熱を持って取り組んで行けるのだろうしね。

自分を見つめることやまわりを見ることが出来るようになったけどやっぱり裕翔くんのマジレス。

うるじゃんで10周年のご褒美でしょうか、初のセブン全員でのラジオは、もう、これがセブンちゃんなのね⁉そうなのね‼って感じのわちゃわちゃで嬉しいやら、感極まるやら忙しかったなぁ。やっぱりキャッキャ!キャピキャピしてるよね。声が重なっちゃって誰が喋ってるのかわかんなくなるし、わしゃわしゃ笑ってるから、そばにいたらうるせーよっていわれるやつだ。

そのなかで「ちゃんとしようよ、圭人」って裕翔くんが言って「これ本気だ」ってマジレスいじりされるなかで、ちーちゃんが「これ、まだ本気じゃないから、本気はマジ怖いから」って笑っていて可笑しかったなぁ。

 

JUMPing CarnivalのCD特典のテントDE座談会スペシャルで、僕だけが知ってるメンバー話で雄也が裕翔のこと紹介するんだけれど、

雄也)これ、みんなも思ってると思うけど、裏で裕翔めっちゃくちゃ面白いじゃん。もっとそれをみんなに知ってほしい。みんなに知ってほしいよね

山)どうやってこれをファンの方に伝えるかってこれからの課題だね

キラキラ光れのPV撮影の時にだるまさんがころんだをやったんだけれど、裕翔くんが鬼の時に7歩で1番遠くのメンバーのところまで飛ぶが如く突き進む姿は面白こわだ。

メンバーも怖いのと面白いのが交ざって小学生みたいにはしゃいでいたのが印象的だった。

有)まぁ、これから知っていく機会も増える

雄也)ライブでもやるようになったもんね

裕翔)この面白さがさぁ、世間のみんなというよりかはJUMPの源なるといいな。

この時に裕翔くんの面白さをファンにも知ってほしいってメンバーが口々に言っているのね。

それから2年経って裕翔くんの面白さは相当ファンには浸透したのじゃないかしらね。

 

DEARのCDの特典に付いているMasqueradeのメイキング。いのあり劇場なんだけれど、これって中島カメラだからこそ最高のメイキングになったんだと思う。伊野尾さんが演出担当で仕掛けて、有岡くんが乗っかって始まって。。

MasqueradeのPVは仮面舞踏会を模していて仮面をアイテムとして取り入れている。中庭にメンバーが寛いでいてカメラを回しているのは裕翔。

突然伊野尾さんが立ち上がる。

伊)お前の仮面を賭けて勝負だ

裕)おっ、突然はじまるんだよな

伊)君の仮面を賭けて勝負だ

有)君の仮面僕好みじゃないけど勝負してやるよ

有)つばめ

 伊)めだか

有)からす

裕)なに?

伊)すずめ

裕)なにこれ?なにで戦ってんの?

有)め????

伊)貴様!仮面を賭けて勝負だ

裕)最初から?

有)君の仮面僕好みじゃないけど受けて立とう

伊)行くぞ

有)掛かってこい

伊)りんご

有)ゴリラ

伊)ラッパ

有)パリ

伊)り?なかなかやるなっ

裕)答えらんなかったんだ。答えらんなかったんだ、いけるだろう、り

有)そんなもんか

伊)りす

裕)きた!

有)スルメ

裕)ポージング、このポージングやだ

伊)メザシ

有)なかなかやるな、

裕)言えなかったんだ、し、いえるでしょ

有)しらす

伊)面白いじゃないか、すいか

有)なかなか腕のある奴だ、貝

伊)いや、かい?

有)そんなもんか

裕)い くらいあるでしょう、い

伊)なかなかやるじゃないか

裕)いや、い 出てくるでしょ、い

伊)僕をここまで追い詰めたのは君が初めてだ

裕)いやいや、いぬとか、いけるでしょ、い

伊)いぬ

裕)ホント言った、ホントにいぬっていった

有)君、初めてじゃないね

裕)あれ?犬でわかったの?1回やったことあんだ、いぬで、あーなかなか思い付かない

有)糠漬け

裕)渋いな、仮面付けてるのに渋い

伊)け だと?

裕)あっ!け   け なかなか出てこないかな

伊)僕をここまで追い詰めたのは父以外君が初めてだ

裕)いやいや、毛虫とかさ、け  あるでしょ

伊)けむし

裕)フフフ

有)しか

 裕)ああ、鹿ね

伊)カブトムシ、どうだ

裕)また、し だよ、ほら

有)しで攻めるとは君、初めてじゃないね

伊)えへへ

裕)し責めとかあんだね、なんか

有)し責め

裕)違うよ、違うよ

伊)めし

裕)違うよ、いまの普通に違うよ  

有)またそうきたか

裕)またし責めで来たよ、ほら

有)しんぶんし

裕)あっ、し責めが続いてる

伊)なんだと、し?

有)どうだ、これで僕に勝てた者はいないね

裕)白、白アリとかさ

伊)し

裕)いるじゃん、しろ、し、いるでしょ

有)なに‼

裕)あー、そのまんま、あっ、まんまいく奴ね、なかなかし責めはムズイね

有)しかし僕は負けないよ

伊)デハハ

裕)言葉になっちゃったよ

伊)ヨーロッパ生まれの伯爵とは僕のことだ

裕)あれもうひとり来たよ

ここからちーちゃん、薮くん、やまちゃんと加わって、とにかくチームワークが良いんだよね、即興でどんどんメンバーが増えて最高傑作になりました。
f:id:AinooAoika:20170809235811j:image
f:id:AinooAoika:20170809235831j:image
f:id:AinooAoika:20170809235847j:image

最初のいのあり二人の時のいっこいっこに小さく突っ込んでる裕翔くんがめちゃくちゃ面白くて好きだよ。これ裕翔くんの声あるのと、ないのと大違いよ。伊野尾さんが「いぬ」の辺りからどんどん裕翔くんに近寄っていってたからね。

 

ファンサマシーンって言われるのも真面目だからこそだと思う。ひとりでも多くのファンにリアクション返したいと一生懸命なんだ。

私も裕翔くんのファンサに救われたよ。

普通に胸のところに持っていたウチワを、ん?って、なんて書いてるの?ってわざわざ顔をずらして後ろの私のウチワを覗いてくれる優しさはマシーンなんかじゃない。

本当に嬉しかったなぁ。

 

8月11日福井からスタートするHey!Say!JUMPのツアーコンサート。8月10日は裕翔くんの誕生日だから福井の会場でハピバあるのかなぁ。ツアー中に誕生日迎えられるのってちょっと乗っかるよね。

真面目だけど面白くて優しくて真面目な裕翔くんも24才になりましたね。

そのままでいてください。

そのままの裕翔くんが好きです。

お誕生日おめでとう!