いのすみ

お茶の間のいのちゃん贔屓。伊野尾くんを応援するプロセスは謎解きの如く。

もみ冬のやまちゃんが面白いね

2/13「マエヲムケ」フラゲしてきましたよ。

PVめちゃめちゃたのしいね。

「マエヲムケ」もみ冬 にピッタリです。

最初の頃は家族の失態に突拍子もない解決方法でトンチキみがてんこ盛りでそれはそれでコメディだねってなったけど。

正直やまちゃんの変顔も一生懸命さの方が際立ってガンバってるねって方が先にきちゃった。そのやまちゃんの一生懸命にやりきってやりきってその先に到達したこなれたリラックス変顔がツボです。

凄いよ、コメディがハマるやまちゃん。

こんな笑えるやまちゃんなのにコンサートではごめんなさいってくらいキラキラ王子様でそのギャップが大きいほどクラっとくるよ。

さあ、5回目のタイトル 牛丼兄VSうなぎ弟チョコ争奪戦

兄に好きな娘を奪われそうになって自室で七転八倒の秀作

ナレーション:犯罪に手を染めて色気が「発生」
f:id:AinooAoika:20180210234651j:image

 ここでジャケットプレイみられるとは!
f:id:AinooAoika:20180210234704j:image

そしてどうして時代劇なんだよ、チョンマゲやまちゃん可愛いな
f:id:AinooAoika:20180211000923j:image

兄VS弟の会話

 兄)いいか、お前はバーゲンセールでお買得の中トロを先に見つけただけなんだよ

弟)え?

兄)見つけただけで先にこの中トロをカゴに入れたのは俺だ

弟)彼女を特売の中トロに例えるのはどうなんだろう?

兄)じゃあ大トロか?うんん、それは買いかぶり過ぎだ

弟)マグロに例えるのやめてくれない

兄)どうして?

弟)マグロじゃないから

兄)それは一緒に寝てみないとわからない

知晶の言うとおり本当に最低のジョークだよねぇ、今時マグロとか言うのかな?

一流外科医と警視庁勤務の兄弟の会話とは思えない所がコメディなのね。

自分の好きな娘とデートにする兄に何も言えない秀作。

知晶は兄に勝てるわけがないと何もしないでいる弟が不甲斐ない。

でも秀作は子供の頃に植え付けられた敗北感をぬぐえない。心の拠り所は執事の小岩井だけ。あとジョンとプラトンか?

 ほらすぐ膝抱えちゃうし、転がっちゃうし、
f:id:AinooAoika:20180211001016j:image

 弟くんの成長記なんだよね、身勝手な兄もドSな姉も愛情表現へたな父も、実は秀作を愛していて、秀作が色々な家族の揉め事を解決するために奔放する度に自信を持ちトラウマを克服して家族の愛情に気付いていく家族愛のお話だ。でもいうてもコメディなのでドタバタは続くよ。

私としては仰天変顔よりも弱めの顔芸の方が好きです。

今週の好きなシーンは知晶に叱咤され
f:id:AinooAoika:20180211103443j:image

豪華クルーズでバレンタインデートに出かけようとする博文と池江里子を阻止しようと埠頭へ向かうシーン

しかもバスなの?タクシー見つからなくて飛び乗るバス?

(車じゃないのね?車だと格好良すぎるか)

乗ったはいいが財布がない

上着をパタパタ探ると何かの手応え、

あ、でも、これは駄目だ
f:id:AinooAoika:20180211101328j:image

でも、お金はない、あーもう
f:id:AinooAoika:20180211101354j:image

「ご苦労様です」    
f:id:AinooAoika:20180211101423j:image

 職権濫用  ごめんさないm(__)m
f:id:AinooAoika:20180211101458j:image

バスを降りるときも挨拶は忘れずに
f:id:AinooAoika:20180211101515j:image

タクシーも職権濫用
f:id:AinooAoika:20180211101626j:image

密売組織一網打尽にするリップサービスまで飛び出す
f:id:AinooAoika:20180211101653j:image

タクシーの運転手にも懸命の敬礼(^_^ゞ
f:id:AinooAoika:20180211101750j:image

通行止めの警備員さんにも不審者がこの中に逃げ込んだと嘘をついて入れて貰うが
f:id:AinooAoika:20180211101847j:image

「 確かなことがひとつある1番の不審者はこの僕だ」
f:id:AinooAoika:20180211101939j:image

テンポよくてコミカルで秀作の必死さとそれでもがむしゃらにはなれずに反省頻りの所が秀作らしくて良いんだよね。走り方もね。

ただ兄博文は勿論のこと、里子も秀作より1枚上手だけれどね。

恋のアップグレードと恋のダウングレード

博文のひとり勝ちと思いきや???

展開が早くテンポ良かった回でしたねぇ。

そしてこのドラマの設定上秀作が涙目多めなのもキュンとします。

 

いのぺが今日も更新されて、14日目です。きっとストーリー展開はある程度決めてたろうし、最終日のセリフも決まってるだろうけれど忙がしい中、良く関心を持続させてくれたなぁと改めて伊野尾くんに感謝です。思い通りにあっちへこっちへ揺すぶられるいのぺ読者を見ながら喜んでると思います。反応が極端であればあるほど筆も乗ったのではないかしら。

Masqueradeメイキングの仮面を賭けた貴族のお遊びで「貴様も僕もコレクションに加えてやろうか」の所でだいちゃんが「もう一回やらして笑っちゃった」ってなった時に「俺真面目にやってんだからさぁ、ずっと勝っちゃうから」言ってたの思い出すな。

こういった思い付きの遊びに真面目な伊野尾くんなんだよね。いのぺの「ねーねー」可愛かったな。今日も前半「ねーねー」って陽気で、終わりの方はまだラスマエなのにもうさよならワード出ちゃったよね。明日はどんな着地かなぁ。ここまでくるとえ?まだ明日も続くの?って感じでそのままフェードアウトって可能性もあるなぁ。

今日は ゆやぺもひかぺも更新されて2月はじゃんぺが沸いてます。