いのすみ

お茶の間のいのちゃん贔屓。伊野尾くんを応援するプロセスは謎解きの如く。

坂道のアポロンといのぺありがとう

3/12月曜日の夕方仕事終わり映画館に駆け込んで坂道のアポロン観てきました
f:id:AinooAoika:20180313201214j:image

私はあまり予告編みない方なので(原作、アニメも未読)まず時代背景がめちゃめちゃ昭和なのに驚いた。1966年の高校生役だった。イマドキの子にはレトロ感満載よねー。ステレオ、レコード、公衆電話、町並、看板、ミゼット、スクーター。。。

レコードは逆に新しいのか?

13日のめざましで坂道のアポロンチームがリポーターしてたね
f:id:AinooAoika:20180313092012j:image
f:id:AinooAoika:20180313092250j:image

最近のVS嵐メレンゲの気持ちVTRや、舞台挨拶の中川くんの印象しかなかったのに劇中の千太郎は別人だった。役者さんって凄いです。中川くんはいなくて千太郎だった。どのシーンも一切吹き替えなしで演者が演奏していると監督も言っていらっしゃったけれど、中村さん(やまちゃんのもみふゆパパ)もディーン・フジオカさんも中川大志くんも迫力のある演奏を聴かせてくれた。こう見えて、(何が?)jazzは好きで学生の時にジャズ研入ってた笑。

何かの拍子に映画告知で劇中知念くんがピアノを弾いてる一瞬の、その見たことのない知念くんに惹き付けられて映画館に足を運んだのも事実なので、告知の効果も否めないのですが、やはり私はあまり予備知識入れないでそのまま観たい方なのです。

私が告知で一瞬みた暗がりの中でピアノを弾いてる薫の表情はすぐにわかった、このシーンだ。この曲だったんだ。その途端ぶわぁーっと感情の堰が切れて泪が溢れた。この映画の重要なキーワードにもなる題名の曲。

千太郎と薫のセッションは素晴らしかった。本当に音を楽しんでジャズに身をゆだねる二人の熱い思いに心打たれました。恋の紆余曲折も朝ドラの如くわかりやすい。薫の目を通して明白で迷うことなし。ベタなのでドキドキはあまりない笑。このベタ感も敢えてかな。

エンドロールの海岸がいい感じにセピアしてて昭和感に酔った。

 この映画はどのセッションも素晴らしかった。私の好きなのは千太郎と薫のアイコンタクト。

ただ勝手にアイドルHey!Say!JUMPに親近感持ってるものだから、知念くん凄く練習したんだろうなー、頑張ったなー、って半分は冷静に見守っちゃってるので自分でも勿体無いなー、もっと劇に没頭しなさいとこれが反省点。

ネタバレせずに感動を伝えるの難しいね。


ジャズピアノではドド・ママローサの「ドドズ・バック」というアルバムが好きです。
f:id:AinooAoika:20180313202222j:image


 

 今日は怒涛のいのぺ更新でしたね

昼から私を唆すかのような矢継ぎ早の更新に継ぐ更新で翻弄されましたー。

だいちゃん1か月越しに絡んでくれてありがとう。

なのにやっぱり犯人、笑

もう、いのあり最高か!

 

そして今日最後(315)のいのぺ

クライマックス  いよいよ大団円

今回のいのぺの最終回です

わかっていたけど去り際が綺麗すぎてちょっと泣けた。



 

ありがとう  まいにち更新してくれて

ありがとう  返事出来るようにしてくれて

ありがとう  謎解きでワクワクだったよ


これからは好きな時に更新してね

待ってるよ