いのすみ

お茶の間のいのちゃん贔屓。伊野尾くんを応援するプロセスは謎解きの如く。

岡本圭人くん 誕生日おめでとう 2018.4.1

エイプリルフール生まれの岡本圭人くん

25歳のお誕生日おめでとう
f:id:AinooAoika:20180401174949j:image

デビュー当時のイガグリボーイが25歳かあって思っていたらけとぺの写真スタイリッシュにイガグリ寄り

 

父様譲りのロック魂は絶えることなく

きあげる前髪も色っぽさを増して

っとストレートに   もっと厳粛に

ちゅう経過すらワクワクさせる

んを心に携えた優しきナイト

のおくんには10年経っても1番緊張

んでもないリーサルウエポンの未知数

 

Jr.の洗礼を受けないままデビューした圭人くんにとって決して楽しいばかりではなかったはず。ダンスが覚えられなくて、自分に腹が立って、メンバーに迷惑かけてるのが辛くて、泣いちゃうけど、頭痛いって言いはっていた幼い圭人が、どれだけの努力をしてきたのかは今の圭人くんが証明してる。でも目に見える以上に頑張った事は形にもなってきて、ギターも弾くようになり10周年に発起して、打合せの時にドキドキしながら、自分に作曲させて欲しいって言ってくれた事。全てのファンが「ありがとう」って思ったよ。そして圭人くんの提案でメンバー自ら詞を書いて、10周年に相応しい素晴らしい曲が出来ました。本当に本当に素敵な曲が出来ました。この曲の力が歌う度に誰かをうるっとさせる。とうとうアリーナ最後に号泣したひかにゃんをみてもわかることです。10年の想いが凝縮した「H.our Time」

強いていうなら、、未だにカラオケで歌えません。

イントロは持ちこたえても歌詞は歌えたためしがない。泣けてきて未だに歌えません。

 俺が俺がって前に出るタイプでは無いけれど、自分のやりたい事のビジョンはしっかり持ってる人。

「圭人はとにかく優しい、1番優しいのは圭人」って言われるの、ちょっと困るって思ってる人。

怒ることもなくて優しくて泣き虫で、でも人恋しいのかと思えば、食事も映画もひとりが楽チンな圭人くん。

伊野尾くんは一人でご飯食べられないのにね。

満を持しての「いたジャン」滑り台はめちゃめちゃ圭人くんの面白さが光っていた。

山田くんとはカフェデートまでする仲で、圭人くんがやまちゃんにスリスリしいてるのかと思いきや、圭人くんがやまちゃんの心の拠り所だったのがうるじゃんの電話で顕著に現れててやっぱり騎士なのねーって思った。

去年の横アリ9/17のMCで雄也くんがいたジャンのウォータースライダーロケの時圭人くんにジャンプと話すとき緊張するんだけどどうしたらいい?って相談されたと言い出して、伊野尾くんが緊張するランキングつけよう。って。

緊張しない人から知念、雄也、やま、裕翔、薮くんときて、どーしようと悩んだ末に光くんを選んだ圭人くん。

1番緊張するのは伊野尾くんだった!

緊張する人ランキングしようって言い出したからには、まさか自分が1番緊張する相手だとは思ってない筈の伊野尾くん。

その後ぼそっと「今後どういう風に接していいのか」とマジレス風笑。

圭人くんがリーサルウエポンだと思ってるけれどそれがいつ機動するか未知数なのね。

 あの二文字を圭人くんの口から聞きたいです。

大人って煩いって思うかも知れないけれど、圭人くんの今後の仕事に確実に影響する事だから、そこは自分に厳しくあれと思ってます。そして未知数をみずから手繰り寄せて欲しいな

 圭人くんがしあわせな1年でありますように

実りある25歳にしてくださいね