いのすみ

お茶の間のいのちゃん贔屓。伊野尾くんを応援するプロセスは謎解きの如く。

「SENSE or LOVE 」Hey!Say!JUMP 札幌公演 2018.9.23 昼公演

SENSE or LOVE ツアーコンサート

真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

2018.9.23   12時スタート 14:14終了f:id:AinooAoika:20180926230907j:image

南側、下手のメンステより、かなり上の方でしたがメインステージが良く見えました。

スンダDanceの生着替えがたのしー

着替えるいのたかも布を上げ下げするやぶひかも楽しそう。

昨日はホタテ貝のブラジャーが出てきたけれど、今日は勝負と書かれた赤褌でした。

キャーキャーいういのたか、お着替えタイム終了で布を下げられたけど、ゆうやんのブルマ

伊「高木半ケツだから」半ケツww

 

今回の衣装は赤とピンクが意識的に使われているのかな?心臓の、ハートの赤って事でしょうかね。

バンガからJourneyまで黒と赤を基調にした様々な形の衣装でしたね、例えばちねたんはパンツが赤、やまちゃんは黒長目半ズボン、伊野尾くんは黒パンツにシルバーと赤のパーカーでパーカーを被ったままの登場でした。

7コーナーは最初の衣装のパンツに白のスタジャン着てた

BESTコーナーのスンダDanceは全身タイツ

Jealous guyからマエヲムケまでメンカラ濃淡のガウン風、ヒラヒラして綺麗。マエヲムケのジャケットプレイならぬガウンプレイ、伊野尾くんあたりは肩までがっつりはだけてました。勿論中にもメンカラの衣装着てたけどね。

女王蜂から明日エーまでは

白地にSENSEorLOVEのロゴを小さく模したシャツに黒ラメパンツだったんですけれど、わたしゃこれなにげに好きでした。袖口が長くてカフス仕立てっていうんですかね。ボタンを3個くらいしめるような感じなの。それで二の腕にもボタンが付いていてクルクル捲って留められるタイプ。でね、パンツにサスペンダーが付いてる。

バンド組で袖が邪魔になりそうなのか、伊野尾くんと薮くんは袖を捲って二の腕ボタン止め、サスペンダーしない派、因みにシャツは後ろが燕尾服みたいに長くてまんなかが割れていた。じゃひかさんも捲る?って見るとひかるくんはカフスしっかりとめてた。これまくるよりカフス止めてるのが素敵なのよー。

で、カフス止めてるのがありさん、ちねたん、高木くん。

えーっと

カフスとめてサスペンダーしてシャツはインの光くん、ちねたん

カフスとめてサスペンダー片方だけしてる高木くん、因みに高木くんだけ、シャツを半分出してました。

カフス止めてサスペンダーなしシャツ出しのありさ

捲ってボタン止めサスペンダーなしシャツ出しのやぶいの

捲ってボタン止めサスペンダーしてシャツはインの裕翔くん

そして左はたくしあげて右側を長いままにしてるけどカフスを止めてなくて片方サスペンダーしてシャツインの山田くん

 

そう土曜日になんて素敵な衣装かしらんと思ってみてたのはやまちゃん。片手だけだったけれど、カフスをとめてないから腕がその間からみえる、長目の袖なので若干萌え袖なのに男っぽいのよー。で昼に見たらみんなそれぞれだった、夜公演にやっとメモったんだけど、ずっと同じパターンなのかはわからないです。

これでチョコラタヤバかった、シンプルな衣装が逆に効果的。

 

GALAXY~またこの場所で

赤基調のミニタリーっぽい衣装でした。パンツはピンク赤?と濃ブルーのストライプのラメラメ。ラメ好きだね?

衣装替え少ないかなとも思ったけれど、これにソロがあるので印象としては豊か。

ソロ衣装

伊野尾くんは黒のピタッとしたレギンスみたいなスキニーパンツに白シャツ。ダンサー雄也は黒の皮パンに黒シャツ。

裕翔は下はメンバー衣装のピンクブルーのストライプのラメパンツで派手なんだけれど上がグレーのコートジャケットでインも光沢のあるグレーでブラックのストール、さすがお洒落でした。

やまちゃんは白シャツ、はだけ気味、白パンツ、白羽も衣装の一部

光はGジャンに色々ペイントやエンブレムとか付いてるパンツは脇のラインがピンク

薮くんはそのあとすぐバンド演奏だったので白地にSENSEorLOVEのロゴシャツと黒ラメパンツ。ダンサーちねたんは全身白

知念くんはメンカラピンクパンツにシルバーのスタジャンみたいな。

ダンサーやぶひかはシルバーメタの燕尾服みたいなのに山高帽、パンツはメンカラ。

ゆうやんはガウンみたいの羽織ってた。ピアノの伊野尾くんは黒ラメパンツにグレーのベストと黒シャツかな?

ソロ初っぱなのありさ

赤基調で結構ポップなジャケットだったけど、ネクタイしてたね。キチッとした衣装が望みだった私はネクタイで納得した。よし。

 

時系列で並べます

冒頭の映像でジャンプちゃんがクラッピングしててそれに合わせて会場も 手を叩くんだけど、その会場に合わせるようにセンステからせりあがってくるメンバーもクラッピングしてるっていう、つまり映像と実際が結び付いてるっちゅう粋な演出なわけですよ。おーってなるよね。そして、、

BANGER NIGHT

いやーーーー

しびれた。カッコいいに限りが無いのよ。

カッコいいね、あのダンスはMVも勿論めちゃめちゃクールに決まってるけれど、

生BANGER NIGHTの、、あー、敢えて誤解を恐れずにいうと、荒っぽさっていうのかな、粗っぽさじゃないよ。ワイルド!ワイルドね、そう、それそれ、なんだろ、英語の方が伝わるって変だね。

衣装の赤のせいもあるのかな、血が沸く感じがする。そりゃそうか、コンサートのオープニングだもん。改めてBANGERNIGHTで開けるコンサートへの覚悟を思い知らされる。

圧倒的威圧感と存在感をみせつけてくる。

いい意味でね。

いきなりセンステから登場のジャンプちゃん

センステが8角形ダイヤ型になっていて真ん中も独自に動くし、その先端も8枚?に別れて動くの。今までって上下に動くステージは見たことあったし、まぁ、左右に動くステージも見たことはあるけれど、踊りながら次々に高さを変えていくあのセンステ。

Precious girl

ここでガラリと雰囲気が変わる。

プレガの持つゆるさが賑やかで和やかな空気が会場に渡る。

プレガではパーツステージの高低差もなんなくこなすメンバー。途中からメンステに移動

 

OLE!

伊野尾くんのC&Rは「OLE!」が正解だそうな、ついオッケーってなっちゃう。

盛り上がるOLE!のかけ声もスクリーンにテロップつけてくれるのでタイミングもバッチリ

OLE!  ⤵OLA!⤴が愉しかった

 

Journey

メインステージのセット自体もシンプルなんだよね。なにもなくて曲によって上下したり階段になったりはするけれど、フラットなステージ。後ろのスクリーンもドーンと大きいのが1枚。

Journeyでは世界の風景が映し出されていたかな?ただスクリーンをセットの1部として使うと、スタンド席の後ろは両脇の小さなモニターでメンバーみるしかないので、痛し痒しだね。あの大きなモニターでメンバー見たいよね。

 

Virtual Butterfly

ニューヨークの映像から始まる、、あー、3人なんだと思った。でも充分だった。

3人の世界が成り立っていて、それは硬質な透明な触り心地だった。

 

Bubble Gum

最初のソロ曲花道でありさん、まさかのバルーンから登場、そのあとメンステ

バブルがパーンと弾けて風が起きるのか、毎回ありさんの前髪がぶわーっとなびくのと、風圧で一瞬ウッて顔になるの可愛い。

曲はめちゃめちゃお洒落でカッコ良いし、レーザーを操って後ろのモニター映像も操って、終始カッコつけて(誉めてます)イケメンぶりを発揮してるのも、最後のガム踏んで、てへって顔へのフリなのかと思うくらいズルい「てへっ」でした。

 

条件反射

自担だからさ、そりゃ身贔屓にもなりますって。まず、歌詞の内容からしてひとりじゃ恥ずかしかったんだろうなと思う。じゃあ誰と?ってなったら「高木しかいない」ってなったのもわかる。二人でリハーサルしてる所を想像すると、どうですか?いけませんね。

実にけしからんです。高木くんはすっかりそのモードに入り込んでくれてるので、怪しい雰囲気がムンムンしてます。鎖に繋がれた二人の関係は?

雄也に調教されてる伊野尾くんなのか、伊野尾くんが雄也に調教させてるのか?

同じようで違う。

伊野尾くんの後ろに高木くんの存在感。

インパクトあるよね。

高木くんは振り切ってくれてるから顔までエロい。昨日も書いたけど高木くんはネイティブエロだと思ってます。

最後の片手で伊野尾くんに耳打ちするのも意味深。堪えきれずに伊野尾くんが吹いちゃう。あれはズルい。

しどけないorあどけない

因みに昨日土曜日の耳打ちは「らじらーゲストどうしようかなー?」だったの??

 

スンダDance

生着替えとか、BEST兄さんのセンスはお笑い芸人レベル。ハートの被り物、全身タイツ、ブルマ。ダンスも可愛い。ヒカルくんが楽しそうで良かった

 

159

やぶひかを従えて、人間椅子に出来るのはちね姫だけかと。可愛くて賢くて毒舌吐く知念くんのソロは身長ネタ。うん、知念くんらしい。

 

Jealous guy

各自柵を持って登場、嫉妬に捕らわれてるイメージなのかと?

でもこれポールダンスみたいなね。いっそのことポールダンスでも良かったぞ。

ゆうやんのソロパートで柵に向かって腰をクネクネ。もう雄也のエロが止まらない。伊野尾くんのせいなのか?

衣装もね、ガウン風のヒラヒラした衣装で、ジャンプには珍しいタイプかなと、可愛い系でも、オス系でも、ポップ系でも、お洒落系でもなくて、DEARとかVeryveryHappyのお姫様系とも違ってて。

いい曲なのよ

 

ワナワン

ペンラで遊んだ曲。高木くんが進行役でしたね。「みんな上手」って言ってくれます。JUMPちゃんの曲はファンの子もみんな踊ってる子が多いよね。

また嵐引き合いに出すって言われるかも知れないけれど「FUNKY」みたいにJUMPちゃんもファンとガッツリ一緒に踊る振付つきの曲、1曲くらいあってもいいのにね、ファンも若いから楽勝だと思うし。でも事前に振付配信って大変なのかな?

 

swinging day

モニターにシャンデリア

後半1回ステージに潜ってHey!Say!JUMPに乗って登場。Yに乗ってる伊野尾くんはスタイリッシュでした

 

キミアト

メインステージからセンステ移動

(ここは双眼鏡で伊野尾くん観察)

ありさん先頭ですぐ後ろ伊野尾くんがありさんの脚にしがみつく所。

ぱっと飛んで離れる時にありさんの振った手が伊野尾くんのおつむにコツン。伊野尾くん頭を手で押さえてちねたんじっと見てた。

可愛い。何も言わず手で押さえてた、ちねたん見てた。ほんと可愛い。

双眼鏡ありがとう。

その後またいのあり見たら、ありさんが伊野尾くんのプレガのリンラリンラの手振りみたいな踊りしてるその手をペシペシしてた。いのあり存在感。

 

マエヲムケ

センステが回転するんですね。踊って移動してる内に正面分からなくなって迷子になりそうだけど、バミッてるわけじゃないよね?

MC

高木くんとありさんが会場周辺を散歩した。

グッズ買ってるの見えてたよーって。

い)どのくらい近くまで言ったの?

ポケモンGOで言うとね、、」ポケモンGOで例えるありさん。

有)うん、ゲット出来るくらいには近い

あり)高木の一声が何て言ったと思う?

「あー、寒いって言う準備してたのに暑い」って

 

昨日もだけどめちゃめちゃ昔の話してた。やはり結成日(9/24)近いから昔の話とかなのかな?

誰の家に行ったことあるとかね

ひかるくんがだいちゃんのお家に入り浸っていた話。だいちゃんのお母さんが起こしにくるとひかるくんはドアを開ける音で目が覚めるけど、だいちゃんは寝起きが悪い。寝ぼけて言った言葉が「風呂沸かしといたよ」

 

ある日ヒカルが起きたら、だいちゃんが口から赤いのが垂れていて、血だと思って、だいちゃん起こしたら、寝る時にイチゴチョコ食べたって。

子供かよ、

伊野尾家に行ったことあるだいちゃん。

「初めまして」って挨拶したら伊野尾ママに「見ない顔だねー」って言われた

有)夜マンガ読んでたら(伊野尾ママに)電気消された

い)おれ普通の家庭で育ったから

薮)おれたちがいびつな家庭で育ったみたいな言い方すんなよ

い)入間の団地ね、なつかしー

 

ひかるくんは圭人の家にも入り浸っていた。ひかるくんの楽器やスケボーが置きっぱなし。

レンタルガレージw

 

裕翔の出演ドラマSUITの話

ドラマの途中から役名だいきがだいすけになる。

ち)ダイスケのスケがどの字か気になるね?

そこ?www

今日も裕翔パパ来てるねって盛り上がる。

メ)本当のパパは武蔵野の森に来てくれたもんね

裕)本当のパパしかいねーし、そんな複雑な家庭環境じゃないわ

 

ヒカルくんの一発ギャグ披露でグッフィーの物真似

山)グッフィー  半分ジャニーさん

グッフィの物真似がジャニーさんになってると弄られて嬉しそうにまたグッフィーやるヒカルくん

薮)大分満足だな

ひかるの満足度わかる薮くん

 

知念くんの世界体操

知念くんは今回ドーハ行くのに大きなスーツケースを買った。

手を上に一杯に伸ばしてスーツケース引いて歩く真似のちねたん

「知念より大きいスーツケース」

 

実家が近くてよく薮くんの家に行ってた知念くん。走ってドンドン近付いてくるのに小さいまんまのちねたん。遠近法w

 

題名のない物語

上手にゆうやんスタンドマイク

下手でグランドピアノの伊野尾くん

伊野尾くんのソロとは違ってまた随分離れたねー。夢でしか逢えない彼女への思いを切々と歌う雄也も素敵。

ゆうやんは歌詞飛びなのか?喉の調子が悪かったのか?構わないのあと歌えなかった(昨日も歌い終わった後苦しそうだった)

 

流星の詩

薮くんはセンステで歌ってくれました。

もうね、目を瞑って聴きたくなっちゃう、いやいや、ライヴライヴ、そこに薮くんいるからって目を凝らすんだけど、クルクル回る真っ白なちいさい人がいるからさ。

バックダンサー知念くん、ジャズっぽいダンスでターンが多いんだけれど小さなスペースでクルクルターンしてすっーと端の方に屈んだりするからちょっとハラハラする。下みて踊ってる風でもなくて、、本当凄い。

薮くんの歌声は伸びやかに会場一杯に広がって会場が天空状態。何故こんなにも人の心を惹き付けるんだろう?薮宏太さま、教えて

 

女王蜂

薮くんはそのままメンステへ走りギター演奏。ちねたんはお着替えです。グランドピアノを弾く伊野尾くんにはちょっと惚れるね。

ここからシンプルお洒落カフスの衣装です。

 

FLASH

引き続きバンドスタイル

サビ好きのわたしが珍しくBメロCメロ落ちサビがお気に入り、もちろんサビも良いけど。

青春ソングを歌うHey!Say!JUMP。さっきまで艶かしいかと思えば爽やかに青春もする。そう考えると、いま、JUMPはちょうどいい年齢になってきたと思う。

 

チョコラタ

チョコラタがコンサートで見られる日が来るとは思わなかった。メンステから花道ダンスしながらセンステへ移動。ちねたんのバク転。踊りの振りもめちゃめちゃ可愛い。両手でパクパクってチョコ食べる仕草なのかなー。

 

我 I need you

ひとり乗りトロッコを繋げてバクステにするって発想が素晴らしい。バクステではじけるメンバー。

 

明日へのYELL

ロッコで戻ってメンステへ

下手でやぶあり、いのちねがはしゃぐ

 

Do it again

白のソファー白の衣装白い羽

捩って捻って弄ばれるスカーフが女性の象徴なのか?

寝そべって歌うのって大変だと思うんだけれど何の不安もなく歌いこなす。上から映すとか、目線が山ちゃんを見下ろす感じになるのよね。エロかった。アルバム聴いてた感じとまた違った。羽の演出も儚さと夢うつつの感じでエロ綺麗。

歌詞、歌、ダンスパフォーマンス、全てをミックスしたらとてつもなく妖艶な山田くんに逢えた。

 

PINK

ヒカルくんが仕掛けた罠に飛び込む。

ヒカルくんの作りあげたPINKワールドはカッコいい!

 

Waiting for the rain

裕翔のタップダンスがたっぷりと堪能出来きます。白のタップシューズがお洒落、グレーも裕翔が羽織るとお洒落。

 

TO THE GALAXY

これがまた驚くのよ。ステージの仕掛けが凄いことになってます。

どうなってるんだろう?つんのめりそうで怖い。

♪迷わないで ついておいで この先へ~♪の裕翔の綺麗なファルセットが好き。ここの決め顔もいい。そのまま花道へハケるイケメン。

 

Dance The Night Away

メンステにもどって結構な高さで上がっていくステージで踊る、モニターにはゴールドでド派手なバブルっぽい映像が。

 

White Love

ダンスナンバーの後に静止から始まるこの曲とか、バランスいいよね。改めてこの曲いい曲だわー。

 

ウィークエンダー

真剣SUNSHIN

アリトロ、スタトロ、ファンサタイム

COSMIC☆HUMAN

ちねたんのC&Rいのちゃんの胸に飛び込みたいか!イエーイ!

「カモーン」がちょっと遅れて笑う伊野尾くん

 

またこの場所で

じっくり歌を聴かせてくれる

ハーモニーの美しさが際立つよね。

やまゆと向かい合わせでハモるのが胸熱です

 

 

アンコール

ありせか

メンステ真ん中からでてきた

ツアーTシャツ。肩出しはゆうやんにお任せした伊野尾くんは普通の首まわりです。双眼鏡で伊野尾くんロックオン。この曲は結構前の曲なのでしっかり後列で踊ってるんだけど、なんかのびのびしててさ、後ろ向く振りがあるんだけど、モニター見上げて気持ち良さそうに歌ってたり、カトケンのヒゲダンスみたいにひとりだけ手を反らせてたり、楽しそうだった。札幌1日目もちょっときつそうだったりしたから、アンコールまできて少し気持ちも楽になったのかなと、伊野尾くんには「楽しい」が原動力だから。

 

COSMIC☆HUMAN

伊野尾くん金色太めのバングルしてましたね。腕を上下する度にバングルがストーンと手首に落ちる。なんか、、いい。

薮くんは細目の金色バングルしてたー。

 

We  Believe

もう知念くんのこと信じられない~って伊野尾くんのなりきり台詞が聞けます。

ここら辺になると終わりが近付いてくる一抹の淋しさも、、

 

YOU&I

今回のアルバムの中ではとびきりの王道アイドルソング。ジャンプっぽいよね。やっぱりこういう曲もずっとずっとアラサーになってもやってね。

超デコレーションしようのフレーズがこれでもかって位繰り返されて浮かれちゃうこと間違いなし。

笑顔で手を振るやまちゃん、そこら中投げキスする裕翔、指差ししてる薮くん、うん、うん、って頷いてるゆうやん、お前が来いよとばかりにファン煽るありさん、ちねたんの投げチューは可愛い、ふわふわお手振りの伊野尾くん、ふざけてるひかにゃん、そんな光景を天国みたいだなぁって思いながら見てた、こんな幸せな空間に居合わせる奇跡、

♪信じてきてくれたこと当たり前じゃないから♪と歌ってくれるけれど

「君達がアイドルでいてくれることも当たり前じゃないから」と心に刻んだよ。

♪これからもどうぞよろしく♪って歌になると可愛いな。

伊野尾くんのご挨拶は「サヨウナラ」

 

昨日と比べて気温が高かった日曜日昼公演。プレガでもう汗だくだったと薮くんがMCで言ってましたけれど、本当にみんな汗が凄い事になってる。伊野尾くんは最終的にはお風呂上がりの子供みたいにちょっと上気したツルツルのお顔になってました。そのお顔でカメラに可愛くニッーとかするんですよ。ね。