いのすみ

お茶の間のいのちゃん贔屓。伊野尾くんを応援するプロセスは謎解きの如く。

RIDE ON TIME 「SENSE or LOVE」を支える人々 2018.11.2

RIDE ON TIME

思い出深いステージが次々と映し出されるf:id:AinooAoika:20181103133335j:image

Hey!Say!JUMP 「SENSE or LOVE 」をあしらったハートマーク

 

f:id:AinooAoika:20181103101836j:imagef:id:AinooAoika:20181103101939j:imagef:id:AinooAoika:20181103101956j:image

国立のARASHI、、

 

-全てが一体になった時に生まれる感動と興奮、それが人を虜にする。それを陰で支えてる人々がいる。水、光、観客を非日常へと誘う総ての仕掛けが彼等の技術なしには機能しない。それが黒子となってステージを作り上げるツアースタッフだ。今回はその中から舞台進行、特殊効果、音響、特殊機構、4つのセクションの若手に焦点を当て、あるコンサートの幕が開くまでの道のりを見つめた-

番組の冒頭の風間俊介くんのナレーションだ

 

そしてその【あるコンサート】こそHey!Say!JUMP 「SENSE or LOVE 」アリーナコンサートツアー初日

先週のRIDE ON TIMEの予告編でHey!Say!JUMPが映って驚喜したいちのにですが、今週から4回に渡り、SENSE or LOVEのバックヤードで奮闘する4人の若者に焦点を当てて放送されます。そこに少しだけれど、やはりHey!Say!JUMPのメンバーも映っていたりして喜んでます。北海道で放送されているとつい全国放送かと思い込む癖があるんですが、この番組は放送されてない地域もあると友達が教えてくれたので。

 

私達が会場に入った瞬間にその世界感に浸れるのは裏方さんのお陰です。

メンステ、センステ、花道、外周、銀テ、特効、フロート、トロッコ、イヤモニ、ヘッドセット、マイク、当たり前の様に進行するステージングの全てがバックヤードで頑張ってくれるスタッフさんがいるから、メンバーが全力でパフォーマンス出来るのもスタッフさんの集中力統制力の賜物です。

 

これからのアリーナオーラスやドームツアーで「初」を楽しみにしていらっしゃる方はここからはネタバレになるのでご注意です。

 

 

バックヤードで円陣

f:id:AinooAoika:20181103120908j:image

初日幕開けオープニングから「BANGER NIGHT」だからね
f:id:AinooAoika:20181103121004j:image

アキレス腱伸ばして、伸ばして、
f:id:AinooAoika:20181103121021j:imagef:id:AinooAoika:20181103121056j:imagef:id:AinooAoika:20181103121118j:imagef:id:AinooAoika:20181103121149j:imagef:id:AinooAoika:20181103121217j:imagef:id:AinooAoika:20181103121243j:image

 

ここね、途中で伊野尾くんが後ろ向くの、最初はスタッフさんにピースサインしてるのかと思ったんだけど

f:id:AinooAoika:20181103121337j:image

真剣な表情だったりするので何かの伝達なのかも、、2と3
f:id:AinooAoika:20181103121400j:image

f:id:AinooAoika:20181103121437j:image
f:id:AinooAoika:20181103121422j:image

 

【舞台進行】ライブ進行の要でもあり総括するセクションですね。舞台監督さんはこのセクションにいます。

サマパラのTシャツの舞台監督 高橋さん。
f:id:AinooAoika:20181103115256j:image

演出家、振付師のステージの構成やどんなイメージでやりたいかという意向を具現化する仕事。コンサートの準備から撤去まで全てを管理しスムーズに進行できるようにする。1番肝心なのは安全管理的な部分、作業は勿論設営物に問題がないか。時間の管理や、本番中だと動きものやメンバーの動きなど意向に合うように実現に向けて各セクションと一緒に考えていくのが仕事です。f:id:AinooAoika:20181103112503j:image
(トロッコの移動管理なども舞台進行のお仕事、これタオル持って回してるから明日エーのリハかな?)

今回の新人くんのお仕事はメンバーまわりのケアー、担当は知念くん。f:id:AinooAoika:20181103113609j:image
それで予告編ちね姫だったのね
f:id:AinooAoika:20181103113550j:image

 

【特殊効果】よく私達が特効と言ってるやつですね。今回はスクローラーという上に吊って上から降らしもの(金、紙吹雪、やまちゃんソロの羽根もだね)、スモーク、スパーク(火花)、カラーフレーム、銀テープなど演出にもかかわるセクションf:id:AinooAoika:20181103110132j:imagef:id:AinooAoika:20181103110150j:imagef:id:AinooAoika:20181103110205j:image

知らなかった
f:id:AinooAoika:20181103121536j:image

綺麗に舞うように手作業で銀吹雪に折り目を付けていたなんて
f:id:AinooAoika:20181103121554j:image

 

【音響】

PAとか言ったりもしますね。コンサートではスピーカーから音を出すこと、スピーカーから音を出すためマイクから音を集音したり、PCで音を叩いたり、音に関するセクション。入社3年目の彼の仕事は本番中のマイクの受け渡し、イヤーモニターの付け外し、リハ、本番ともに本人の所にいって実際に付けたり、外す時の受け取りなどサポートの仕事。

ちょいちょい伊野尾くんがいる    ↓
f:id:AinooAoika:20181103111819j:image

今回のコンサートはスピーカーに電飾を付けた

f:id:AinooAoika:20181103111209j:image

マイク受け渡しと言うことは2時間余りのステージのメンバーも全員の立ち位置総て把握してなくちゃいけないので、1曲ずつ細かく打ち合わせしてるカットでウイークエンダーの進行表だー。
f:id:AinooAoika:20181103121613j:image

秒単位で管理してるのね
f:id:AinooAoika:20181103121627j:image

 

【特殊機構】

上下したり回ったり、動くステージを作るチームは「TELMIC」さんです。VS嵐をはじめテレビ番組もジャニーズのコンサートにも関わっていらっしゃる会社です。今回のセンステは演出の要ともなる動くセットですねー。f:id:AinooAoika:20181103111545j:image

 

コンサートセッティングはコンサートの3日前から行われていた。150人を越えるスタッフでステージ作りに携わっている、午後8時に総てのセクションが揃い設営がようやく始まる。

f:id:AinooAoika:20181103134102j:image

他にも照明さんや警備さん、たくさんの人達の働きでコンサートが動くのねー。

設営の遅れも不備も許されない、コンサートの開始時間には全てが整っていて、コンサートが始まったら途中で止めることがあってはならない。

メンバーも良く言ってますよね。自分達だけじゃ出来ない。スタッフさんがいるからこのステージに立てると。

アニバコンアリーナオーラス、アンコールのカモナでメンステにスタッフさんがサプライズで50人くらい上がってカレー食べてたの懐かしい。

JUMPちゃんとスタッフさんの信頼関係が垣間見られた貴重な時間でした。会場もメンバーも涙、涙のオーラスだった。

(アリーナツアー映像化しないの罪だよね、(T_T) メイキングだけでもありがたいと思わなきゃだね、うん)

ステージセッティング1日目の1回目でしたf:id:AinooAoika:20181103135255j:image

 

ここへ向かってススム    あと2日
f:id:AinooAoika:20181103135113j:image